アキタ保険
アキタ保険

煽り運転の事件

こんにちは。

皆さんもご存知の通り、煽り運転の事件が連日ニュースで取り上げられていますね。
このような傷害にも及ぶ事件になってしまうと、やはりドラレコはあった方がいいな・・・と思って観ていました。

お客様の中でも、このような事件が発生して危機感や不安感を感じた方がいらっしゃって、お盆明け数日で数人のお客様からドラレコ特約を付帯したいとのお電話をいただき、付帯の手続きを行いました。

当社で一番お客様からご契約をいただいている損保ジャパン日本興亜のドラレコ特約は、月々850円で付帯が可能です。
もちろん契約の途中からでも付帯が可能です!申し込みの手続きを行ってから、約1週間以内に宅急便で、ドラレコセットが到着します。(設置に必要な部品も含まれますのでご安心ください。)自分で上手く装着できる自信の無い方は、弊社の営業社員が代わりに装着いたしますので、お気軽にご相談ください。
そして市販のドラレコとは何が違うのかというと、

①撮影日時や地図上の走行経路など様々なデータの記録が可能

②事故発生時に自動、または手動で、保険会社やあらかじめ登録しているご家族の方へ通知。
(車両同士の衝突事故相当の強い衝撃を検知した場合に、自動通報が行われます。強い衝撃が発生しないような事故の場合は、ドラレコ本体に付いている緊急通知ボタンを活用した手動通報が可能です。)

③ALSOKかけつけサービス → 24時間いつでもかけつけ可能。事故時の初期対応などをお客様に代わって対応します。(お客様の携帯電話のGPS機能を活用しますので、事前に携帯電話の番号登録が必要です。)

④事故対応時における動画の活用 → 自動通報時にはドラレコが撮影した事故時の映像が保険会社に自動送信され、その映像を活用して事故対応を行います。

以上の4点です。以前にもドラレコについての記事を掲載しておりましたので、お時間のある方はお手数ですが、遡ってご覧になっていただけると嬉しいです。PCから見ると画面右にある、「自動車保険」のカテゴリーをクリックしていただくと、簡単にご覧いただけます。

ぜひ、ご検討をよろしくお願いいたします。






お盆休みをいただきます

こんにちは。

弊社は本日がお盆休み前の最終営業日です。
HPのお知らせ欄にも掲載させていただきましたが、明日8/10(土)~8/18(日)まで休業とさせていただきます。
誠に申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

万が一事故に遭われた際は、証券に記載の各保険会社のフリーダイヤルへお電話をお願いいたします。
フリーダイヤルは、24時間年中無休です。
事故以外のお急ぎではないご用件の方は、弊社の留守番電話にメッセージを残していただいても大丈夫です。

この度は9連休の方も多いのではないでしょうか。
連休期間は仕事や色んな事は忘れて、しっかり休んでリフレッシュしましょう!






明日から竿燈まつり

こんにちは。今日も暑い1日ですね!

本日の秋田市の最高気温は30度だったそうですが、湿気があるせいか体感はもっと暑く感じます・・・

話題が変わりますが、明日からいよいよ竿燈祭りが始まりますね!!
うちの近所でも、夜になるとお囃子の練習の音が聞こえてきていたりもしました。

秋田本社からは会場が近い方なのですが、しばらく観に行っておりません(^^;
みなさんは毎年行かれているのでしょうか??
子供の頃は竿燈など目になく、出店ばかりに気を取られていたことを思い出します(笑)

竿燈祭り期間中は、秋田の道に不慣れな県外の方もたくさんいらっしゃると思いますので、譲り合いなどの精神を忘れず、運転にはお気を付けてください。






このへんでもう1度、ドラレコ紹介(写真あり)

みなさんこんにちは。

以前にドラレコの紹介の記事を書きましたが、今回は実際の録画映像を紹介しながらの記事です!

まず今回紹介するのは、 損保ジャパン日本興亜 のドライブレコーダーです。

詳細につきましては、下記のURLのページをご覧になってください。
(ここで説明すると長文になってしまいますので・・・。)

http://www.sjnk.jp/kinsurance/driving_top/pc/

 

設置は自分でも簡単に出来ました。きちんと説明書を読むと10分くらいで出来ると思います。

そして実際の映像はこちらです。

会社の前の道路を走行してみましたが、なかなか綺麗に録画されています!

夜間の映像もしっかりと録画されていました!!

やはりドラレコを設置すると安心感があります。
万が一の際も、決め手となる映像が残されていれば過失交渉などもスムーズに進みます。
損保ジャパン日本興亜のドラレコは、850円/月々 ですが、万が一を考えると、月々850円で安心を買うことができるということですね。
事故のに遭われた時、決め手となるものが何も無く、泣き寝入りをすることもあるかもしれません。
代理店の我々としては、皆さんの困った姿を見るほど辛いものはありません・・・。

この記事を一体どのくらいの方にご覧になっていただけるのかわかりませんが、この記事を読んで「ドラレコを設置したい!」と思った方いらっしゃいましたら、とても嬉しいです!






冬を迎える前に、自動車保険を見直しませんか?

最近は秋が深まってきて、朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

皆さんは風邪などひかれていませんでしょうか?

テレビ等のCMでも、暖房器具や冬タイヤのCMを見かけるようになりました。

まだ早い!と思いますが、冬はあっという間にやって来ます。

 

冬期間は、春夏に比べて自動車事故が多い傾向ですが、

皆様の自動車保険の補償内容は、万全でしょうか??

 

やはりおすすめしたいのは、車両保険(一般車両) です。

 

車両保険を一般車両にしておくことで、下記のような事故例を

保険でまかなうことができます。

 

★スリップし、雪山に突っ込んでバンパーが破損した

★屋根から雪が落ちてきて、車がへこんだ

 

秋田にお住まいの皆さんは、雪道の運転には慣れていると思いますが、

やはり雪が降り始めの時の運転は、少し緊張するのではないのでしょうか?

上記以外にも、雪道での事故は色々な形態があるということが、

想像できますよね。

 

万が一の事態が発生して、「あの時、車両保険を付けていればよかった・・・」と後悔しないためにも、少しでも不安なお気持ちがあれば、車両保険を付帯したほうがいいと思います。

冬の間だけ車両保険を付けておいて、春になったら車両保険を外す

という方法もできますよ。

 

秋田の冬は長いです。雪が積もる前に、ぜひご検討してみてください。






ドライブレコーダーがあって助かったこと②

先日は、ドライブレコーダーがあって助かったこと

第1弾を紹介させていただきました。

本日は、その第2弾を紹介いたします。

 

③駐車場内での事故

駐車場内において、場内の交差部分を通過する際に、左方から

進行してきた相手車両と接触。

 

◎ドラレコがあったら

⇒相手方が、「一旦停止してから進行したため、こちらの過失は低い」と

主張したが、ドラレコの映像から、停止していないことが判明し、

相手方の主張は事実でないことが確認できました。

 

✖ドラレコがなかったら

⇒相手方の言い分を否定することができず、交渉が難航していたかもしれません。

 

④ドア開放時の事故

道路左側に停止中の車両のドアが開いたところに、走行中の

自車両が接触した。

 

◎ドラレコがあったら

⇒ドアが開くタイミングが、自車両が通り抜ける直前であったことが

判明し、過失交渉がスムーズに進んだ。

 

×ドラレコがなかったら

⇒ドアを開けていたら突っ込んできた、と主張され、交渉が難航していたかもしれません。

 

 

もしも・・・のことがあっても、ドライブレコーダーが設置されていて

助かった事例はたくさんあります。

当社の社有車も、全ての車両にドライブレコーダーを設置しています。

自分の身は、自分で守らないといけませんね・・・!!






ドライブレコーダーがあって助かったこと①

近年、ドライブレコーダーの販売実績は右肩上がりとなっており、

年々拡大しているそうです。

ドライブレコーダーで撮影された動画や画像によって、円滑に

事故対応が進んだ事例は、たくさん存在しています。

早速ですが、その事例を紹介いたします。

 

 

①信号ありの交差点での事故

十字路交差点を青信号で進行した際、右方から赤信号で進行してきた

車両と衝突。

 

◎ドラレコがあったら

⇒相手車両は赤信号で進入してきたことは、ドラレコに記録された映像で

一目瞭然であり、相手方の過失による事故であることが即座に判明できました。

 

×ドラレコがなかったら

双方が青信号であることを主張し、交渉は平行線、長期化。

目撃者もおらず、決定的な情報が無い場合は、過失割合が

5:5になるかもしれません。

 

②進路変更か追突か

片側2車線の道路にて、自車の前に進路変更をしてきた相手車両が急停止。

ブレーキが間に合わず、相手車両に追突してしまった。

 

◎ドラレコがあったら

⇒追突ではありますが、相手車両が進路変更後に急停止したことが判明し、

過失割合の交渉がスムーズに進みました。

 

×ドラレコがなかったら

⇒相手方は追突であることを主張し続け、交渉が難航、長期化する可能性が

あったかもしれません。

 

 

次回も、ドライブレコーダーがあって助かった事例集を

ご紹介いたします!






ドライブレコーダー設置のおすすめ

当社では、ドライブレコーダーの設置をおすすめしています。

自動車保険のオプションとして、ドライブレコーダーの設置が可能です。

ドライブレコーダーの月々の料金は、保険会社によって違いますが

月600円~850円ほどのところが多いです。

そして、運転中の映像を記録するだけではなく、

様々な機能が搭載されています。

 

例として・・・

・事故発生時に保険会社やご家族に事故が発生したことを通知する機能

(他にも、ロードサービスにレッカーの依頼をすることも可能。)

・警備会社のガードマンが駆けつけ

(事故時の初期対応(安全確保や救急車の手配)などを代わりに行います。)

・事故時の映像が保険会社に自動送信される

(自動送信された映像を活用して、今後の事故対応を行います。)

・高速道路逆走注意アラート機能

(とても頼もしいですね!)

 

※保険会社によって、サービス機能が異なります

 

 

詳しい内容が気になる方は、ぜひご連絡をいただければと思います。

お気軽にお問い合わせください。






自然災害への備え②

先日は「自然災害への備え①」で、火災保険の水災補償について
書かせていただきました。

ですが、もう1つ皆様にお聞きしたい大事なことがあります。


洪水などでお車が水没した場合の備えはしていますか??



万が一、洪水で水没したり、豪雨で流されてしまったり・・・
特に車社会の秋田県では、車が無いとどこにも行けませんし
何もできませんよね。


そんなとき、役に立つのが「車両保険」です!!


・洪水等で車が水没
・土砂崩れで車が埋まってしまった

などが、保険金のお支払いの対象になります。

車両保険が付いていれば、受け取った保険金を新しい車両の
購入費用にあてることもできますから、嬉しいですね!

車両保険は、保険期間の途中からでも付けることができます!


付帯されていない方は、是非この機会にご検討ください。


車両保険











家族限定ってご存知でしたか?

お車を主に運転される方を自動車保険では「記名被保険者」といいますが、実は自動車保険は誰が運転しても保険が効くようになっております。
それを「家族限定」と呼ばれるような『限定』をつけますと、ご家族以外の方が運転した場合には保険が適用にならない変わりに、保険料がちょっとだけお安くなるという事なんです。
この『限定』などの保険料の割引につきましては、ご存知の方も多いかと思われますが、万が一のことを十分にお考えいただかないと大変なことも起こりえますので、どうぞ遠慮なくご相談ください。
ドライバーの方は今日も安全運転でお車を運転されてくださいね。






メールでのお問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。
秋田本社 tel.018-864-6921
フレスポ本庄店 tel.0184-24-5511
県南事業所 tel.0182-23-5145
取扱保険会社
損害保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動
三井住友海上
あいおいニッセイ同和損保
共栄火災
AIG損保
セコム損害保険株式会社
楽天損保
CHUBB
日新火災海上保険

生命保険
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
東京海上日動あんしん生命
三井住友海上あいおい生命
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
オリックス生命
ソニー生命保険株式会社
アクサ生命
第一生命
メットライフ生命
富士生命

住宅ローン専門金融機関 取次
ハウス・デポ・パートナーズ