アキタ保険
アキタ保険

九州北部の水害

こんにちは。

今日はまずまずいい天気?に恵まれていますが、九州北部での豪雨災害がとても酷く、連日ニュースで報道されていますね。
秋田市でも、昨日の夕方位に冠水するのではないかと思うくらいのゲリラ豪雨がありました。
車で走行中でしたが、ワイパーが追い付かなくなるほどの激しい雨でした!

先週の金曜日も短時間ではありましたが、夕方頃に激しい雨が降りましたね。
秋田市内も、すぐに水は引いたそうですが冠水した地域があったそうです。
帰り道もとても渋滞しており、帰宅にいつもの倍以上の時間がかかりました。

以前にもこのブログに書かせてもらったかと思いますが、ハザートマップで浸水地域に当てはまっていなくとも、このような局地的な大雨によって一時的に冠水してしまい、自宅に被害が及ぶことも予想されますよね。

ちなみに火災保険ですが、国内の大手保険会社は今年の10月に、約5~10%値上げすることを決定しております。
自身の火災保険の契約更新月もその時期に当てはまっており、前年と比べると、月に約1000円程値上がりしていました。

火災保険の見直しは、今のうちがチャンスかと思います。
ご相談希望の方は、電話(018-864-6921)・またはこのHP内の「メールでのお問い合わせ」画面より、ご予約をお願いいたします!






今日から営業開始しております

こんにちは。今日も暑い暑い1日ですね!!

先週はお盆休みをいただき、ご迷惑をおかけしてしまいました。
本日から営業を開始しましたので、よろしくお願いいたします。

先週は8/14~8/15にかけて台風が本県にも接近しました。
あまり大したことはありませんでしたが(秋田市は)何か被害などは無かったでしょうか?

そしてその前には、夜中に雷が連発&バケツをひっくり返したような雨が降った日もありましたね!
目が覚めて窓の外を見たら、空が光りっぱなしで大変驚きました・・・あんな光景は初めてでした。
その雷の影響で、家電製品が壊れたとの連絡もいただいており、やはり被害地域はある場所に集中しているようです。

落雷で家電製品が壊れても保険でカバーできる可能性がありますので、一度お手元の証券を確認し、ご加入中の代理店または保険会社のフリーダイヤルへ連絡してみてください。

火災保険に入られている方、確認してみないともったいないですよ!






お盆休みをいただきます

こんにちは。

弊社は本日がお盆休み前の最終営業日です。
HPのお知らせ欄にも掲載させていただきましたが、明日8/10(土)~8/18(日)まで休業とさせていただきます。
誠に申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

万が一事故に遭われた際は、証券に記載の各保険会社のフリーダイヤルへお電話をお願いいたします。
フリーダイヤルは、24時間年中無休です。
事故以外のお急ぎではないご用件の方は、弊社の留守番電話にメッセージを残していただいても大丈夫です。

この度は9連休の方も多いのではないでしょうか。
連休期間は仕事や色んな事は忘れて、しっかり休んでリフレッシュしましょう!






山形県沖の地震

みなさん、こんにちは。

先月、久しぶりに大きな地震がありましたね。
山形県沖が震源でしたが、由利本荘市では震度5強の揺れでした。
本社のある秋田市は震度4でしたが、久しぶりの地震であったせいか、だいぶ揺れたように感じました。

まさかお隣の山形県で、こんなに大きな地震があるとは予想もしておらず・・・。
自分の勝手なイメージではありますが、山形県で大地震が起こるかもしれない・・・というイメージは全くありませんでした。
今回の地震の影響で、秋田県沖にある空白域も要注意。と専門家の方がおっしゃっているのをニュースで耳にしました。

そして今回、揺れの大きかった由利本荘地域のお客様からは、実際に「建物の基礎に亀裂が」、「壁にヒビが入った」などの連絡を多数受けております。

みなさんもご自宅の基礎部分、外壁などに異常が無いかどうか確認をしてみてください。
地震保険にご加入されている方は、保険金のお支払い対象となる可能性があります。
地震保険に加入していたかどうか、証券を確認してみてください。

加入されていない方は、今からでも地震保険に加入することができますので、ご検討ください。
※地震保険は、火災保険とセットで契約が必要です。地震保険単体での契約はできませんので、ご注意ください






自然災害への備え①

近年、突然の大雨(ゲリラ豪雨)や相次ぐ台風の発生、などの
自然災害が増えていますが、万が一の場合の対策は万全でしょうか?
(昨日8月27日も、東京で「記録的短時間大雨情報」が発表されていましたね!)

自宅の周りには川や山が無いので、大丈夫!と思う方も
いらっしゃるかもしれませんが、最近では都市型洪水というもの
(地面の大半がコンクリートで覆われているため、雨水が浸透
しにくく、水路から溢れ出してしまう)による被害もあるのです。
(昨日、東京都世田谷区では 1時間に約110mm の猛烈な雨が降り、
道路が冠水する被害がありました。)

そんな時、火災保険に「水災補償」が付いていると安心です!

例としてですが、「洪水で家が浸水した場合」や、
「土砂崩れで家が流されてしまった」などが、補償の
対象です。

床上浸水


一度、お手元の証券で補償内容を確認してみてくださいね!







山火事の理由って、やっぱり○○○?


これから天気が良く暑くなってくる日も増えると思われますが、毎年のように「原野火災」って聞きますよね。
海外では原野火災が数日間も治まらなかったり民家に被害がでたり、怖いですよね。
その「原野火災」の理由として、タバコなんてのもあるかもしれませんが、以外と自然発火というのも現実にあるらしく、その自然発火にもいろんなタイプがあると聞きます。
せめて人間の不始末で火事を起こすのだけは避けたいですよね。
夏になりますが、どなた様も「火の用心」をお願いします。






メールでのお問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。
秋田本社 tel.018-864-6921
フレスポ本庄店 tel.0184-24-5511
県南事業所 tel.0182-23-5145
取扱保険会社
損害保険
損保ジャパン日本興亜
東京海上日動
三井住友海上
あいおいニッセイ同和損保
共栄火災
AIG損保
セコム損害保険株式会社
楽天損保
CHUBB
日新火災海上保険

生命保険
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
東京海上日動あんしん生命
三井住友海上あいおい生命
アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
オリックス生命
ソニー生命保険株式会社
アクサ生命
第一生命
メットライフ生命
富士生命

住宅ローン専門金融機関 取次
ハウス・デポ・パートナーズ